カテゴリー: 2008-2012″fester”

  • インテリアデザイナー

    何を隠そう、私はその昔インテリアデザイナーを名乗っていました。 名乗っていたというのは、あまり大層なキャリアを持っていなかったですし、自分が一人前だと思える前にやめてしまっていたので。とはいえ、さすがに「自称」って程でも […]

  • 気がつけば半月

    半月更新していませんでした。 少々忙しかったせいか、随分いろんな事があったように思います。 重なっていた案件もようやく落ち着いてきました。これでようやくペンディングにしていた札幌行きも考える余裕が出てきました。 来週、弊 […]

  • 徹夜自慢

    最近おかげさまで忙しいです。 今日なんてうっかりTwitterでメンバーに返信したら弊社サイトのTOPに反映されてしまい慌てて削除。びっくりしました。・・・なんてただのミスの話はおいといて。 最近よく昔の事を思い出します […]

  • Webデザイナー

    気がつけば、Webの仕事を始めるようになってから、つまりWebデザイナーを名乗るようになってからもう12年以上が過ぎている。(ここ1〜2年はあまり名乗らなくなっているけど) PCは確か・・・1ページの重さが2〜30KBぐ […]

  • ルーチン作業

    この仕事をやっていると大体の人がそうだと思うんですが、朝起きる時間以外は全部不規則。で、まぁ場合によっては時間が無いとか時間の作り方がヘタだとかそんな話にもなりがちなんですが。 一番思うのはやっぱりさぞ体に悪かろうと思う […]

  • 世迷い言・・・かも。

    ・・・まぁ記録というか日記というか、そんな感じで。  震災後、直接的なボランティアより業務としての復興支援をがんばろうと考えた事は以前どこかに書いたかと。  で、やはりさまざまな流通の活性化が重要なの […]

  • 仕事関連で。

    本日、業務委託契約を結んでいる上場企業の取締役の方と会談を行いました。 とても実のあるお話が出来たと・・・私は勝手に思っています。 なにより。そのことを弊社のスタッフが喜んでいるらしくてそれが一番嬉しい事です。

  • レイアウト

    Twitterのレイアウトが変わりましたね。しばらく前からFacebookもタイムラインというレイアウトがはやっています。 慣れない。。。 こういうのって「変えない」ことが一番親切だと思います。 それよりも独特の言葉遣い […]

  • 入試問題

    数日前にネットで見かけた慶応幼稚舎の入試問題。 この問題を巡っての答えと周りの反応にもの凄く違和感があったので、ついさっき思い出してググってみたら私と同じ考えの人がいた。 「慶応幼稚舎の入試問題のホントの問題」 ここで、 […]

  • 今回のリニューアルについて

    今回のリニューアルで気をつけた点を記録しておきます。 まずは流行の疑似立体感のあるトーンと光沢モノを合わせた感じとか、大きなアイコンとかを避けて、あえて平面的に仕上がるように意識しました。 あと、jQueryを極力使わな […]

  • fester新サイト制作に向けて

    今、新サイト制作に向けてようやく手を動かし始めています。 今回は「背景」について。 その昔、「白背景は愚作」という信念に近い物を持っていて、指定が無い限り極力真っ白背景は避けていました。理由は、まずはまぶしいこと。あと、 […]

  • Fester名前の由来

    Fester名前の由来 ある哲学者が思索の末絶望し、自殺を決意します。決行の朝、顔に大きな吹き出物を発見した彼は 自殺を思いとどまります。「思い」の集約が彼を自殺へ誘い、「思わぬ」出来事が彼に生を与えたのです。 Fest […]

  • 2012年の大目標

    まずはコレを書き記しておきたいと思います。昨年の3月に起きた大震災以来、多くの方々が人生の岐路に立たされたと思います。実害がなくとも引っ越したり、仕事を変えたりという人も多いと思います。 私としても広告に絡む仕事をしてい […]

  • Fester代表の個人的なブログとして

    Fester代表の個人的なブログとして復活させようと思います。 Twitterはほとんど放置ですし、Facebookだと読まれる相手がもうわかっちゃってますし、なによりあまり量的に投稿できるものでは無いので。 こちらでア […]

  • 会社化直前まで掲載していたFESTERのREAD FIRST

    会社化直前まで掲載していたFESTERのREAD FIRSTです。 まずはじめに我々Festerがあなたにおくる宣言文をお読みください。この文章は我々の命をも懸けられる堂々とした宣言文です。ですからどんなに深読みしていた […]