Read First

DSC_0080

活動と事業

サケネス立ち上げの動機は日本酒を盛り上げたいという想いにつきるわけですが、リサーチするほど無策だと企画倒れになっていく物だと知りました。サプライサイドがその需要喚起を画策するものの結果は芳しく無く、というものをたくさん目にして来たのです。それでは意味が無い。何か仕組みが必要です。

まず、飲み手側が盛り上がっていかなくては、日本酒-サケ-は盛り上がりません。たくさんの「人」と「情報」を集めて繋げる事が最大の目標です。その為にはまず、サイトから酒好きの皆さんに情報を発信し共有する、そしてオンライン&オフラインのイベントを開催する事も必要でしょうし、イベントに限らずいろんな話題作りや企画も必要です。

そしてもう一方の軸として、蔵元・酒販店・飲食店、各サプライサイドに対して直接的に事業支援する。これも盛り上げる為には必要です。この支援自体をしっかりとしたサケネスの事業として確立すれば、企画倒れする事無く支援応援し続ける事ができます。

ただし、特定の事業者と利害関係が発生することにより、必要な場面での中立性が失われることが無いことを、我々は下記の六訓にて誓います。

サケネス六訓

一、歴史と伝統を重んじつつも新しいものに寛容であるように。

一、酒における国内の裾野の拡大と国外への発展の両方を目指すように。

一、利益は一時預かりとの心得を忘れぬように。

一、作り手売り手のいかなる団体にも阿る事のないように。

一、酒に関わる一切について極端な信条や宗教観などを持ち込まぬように。

一、酒を愉しむ者の純粋な心意気をいつまでも忘れぬように。

2014-10-01 | Posted in ABOUT USComments Closed 

関連記事