家呑みのススメ

2010年 05月 01日 久しぶりに三鷹ピステ

  • LINEで送る

超久しぶりの外呑みカテゴリーのエントリー。今回はお酒をちゃんと撮影してべろんべろんにならずに帰ってきました。偉い^^

さて。ある著名な(と、言って良いかと思います)料理研究家の方と奇跡的に懇意にさせて頂いてまして、いつかピステさんに連れて行きたいと思っていたのが実現しました。その方はいつもはワインばかりで日本酒はあまり詳しく無いのでお任せ、ということでピステの店主さんと私で適当に、ホントに適当にその場のノリでお酒をチョイス。計7種類を頂きました。う〜ん、結構呑んだなぁ〜。やっぱり後半は結構酔ってたかな?^^

ちなみに、お酒のお話に入る前に。ピステさんは串焼き屋さんですがその他の料理もとてもおいしいです。それもあって大好きな訳なんですが、同行した妻が張り切ってバンバン頼み、テーブルはあっという間に串焼きだらけ。厳しく叱っておきました。他の料理も食べたかったっつーの^^

まず私がなんとなく決めていたのが「十四代」と「而今」これらを試して頂いて、それを基準にして(なんつー高いハードル)いろいろ試していきたいなぁ〜と。そう思ってたらいきなり「水尾金紋錦」を発見したので反射的に頼んでしまいました^^あっぱり十四代の旨さにはちょっとびっくりしていたようです^^(呑んだ事あるとは言ってましたがたぶん本丸じゃないとのこと)

その後、串焼きと格闘しつつ(息子は勿論ぼんじりかぶりつき)私からのおすすめはやはり「どぶ」でしょう。*これだけ写真忘れたので私のストックからの引用。で、店主さんからは「さか松 純米大吟醸」これは二人で「甘いね〜、香りも高いし。」という感想でした。大阪のお酒ということですがけっこうさっぱり系だった気がします。

さらに私から「根知男山」と店主さんから「カモキン130」。根知は相変わらずの旨さ。で、カモキンなんですが店主さんが「コレいつものカモキンとずいぶん違うから是非呑んでみて!」と言われたので。確かに違う!ガッツリ辛口。これ、生より火入れでお燗?なんて思いました。

その間にもちびちびと「どぶ」をやりつつ(ホントは日置にも行きたかったけど…^^)「ココまで呑んでいかがでした?」と軽く聞いてみた所「やっぱり十四代は美味しい。」とのこと。そして「でも・・・水尾おかわり!」とのことでこれはうれしかったですね。この中なら私も水尾金紋錦が一番好きですし。結局3杯呑んでましたね。すごい^^

お話によると美味しいワインはやっぱりとても静かでけっして派手ではなくじんわりと滋味深いものなのだそうです。お話を聞いて私は開運の赤磐雄町のことを思い出しました。やっぱり通じるものがあるのかなぁ〜?なんて^^

最後に店主さんと軽くお話しして(すごく混んでて全然話せなかったので)また是非ということで。とても楽しい一夜でした。実は振り返ると最近新しいお酒を開けてなくて更新滞っていたのでこれからまたぐいぐい行こうと思ってます。

 

  • LINEで送る