家呑みのススメ

2009年 12月 01日 開運 赤磐雄町 純米吟醸

  • LINEで送る

いまさら、というかようやくというか波瀬さんを偲ぶ開運シリーズの復活です!そろそろ「波瀬正吉」も開けようと思ってますがまずはこっちが先でしょう。

開運 赤磐雄町 純米吟醸。出荷は2009年の6月、買ったのが確か今月のアタマだったので半年近く低温で置かれていました。お店のお勧めは常温ちょい下。今日は開けてしばし置いておきました。呑んだ時の温度はおそらく20℃ぐらいだと思います。(ただの体感ですが)

衝撃を受けました。なんだ?これは???と思いました。浮かんだ言葉をそのまま素直に書いていきます。

これが純米吟醸?・・・いやよく考えたらこれが「純米吟醸」なのかな?柔らかい。包み込まれるよう。滋味深い。どこまでも優しく、呑むほどに癒されていく感覚。香りは高い。盃に注いだ瞬間にもう香っている。でもいざ盃を口元に近づけるといわゆる派手な吟醸香とは明らかに違う。さすが雄町という味わいの深さ、その強さを造りが優しくつつみこんでるような感じ…かな?後味に嫌味が全くない。「”アルコール”を呑んでる感覚がしない。」「こりゃ素晴らしいかも・・・。」素直に出てきた言葉の数々です。1SB(しかないので)を買っておかわりしたいな…と思ったのははじめてのような気がします^^

  • LINEで送る