家呑みのススメ

2009年 11月 20日 来福 純米吟醸生原酒 愛山50%

  • LINEで送る

しつこい飛び火に悩まされもう4ヶ月。これはさすがにただの飛び火ではないと思い始めた今日この頃(遅過ぎ)ですが、最早禁酒なんぞやってられません。しかしながら一日一合がやっとのペースです。で、本日久しぶりに新しいお酒を開けました。

来福 純米吟醸生原酒 愛山50%。先日行った聖蹟桜ヶ丘にある小山商店で購入した物です。今家にあるお酒の内でコレだけが生なので開けました。

来福自体も、このスペックも本当に久しぶりな気がします。では当日アップということで時系列に沿って率直な感想をば。まずは上立ち香。来福はずいぶん控えめなんですね^^上品でいい感じです。来福というとどうしてもいろんな酵母を使ってるイメージですがこれは9号です。(そういえば来福で変わった酵母の物を呑んだ事無いかも。。。)

口に含むと、まぁそれはそれは甘いコト。「あぁ、久しぶりの吟醸クラス^^この陶酔感は本当に久しぶり」。旨味云々を味わいつつも気になったのはアルコール度数の事でした。これは17度。ともすると香りと甘みばかりに押されて呑み応えがほしくなるところ、でも高すぎるとじゃまになる。。。「やっぱり度数には気を使うものなのかぁ〜?」というのが具体的な造りも知らない素人のくせに率直に思ったとこです。まぁ要するにいいバランス^^考えながら呑んでもしっかりと楽しませてくれるいいお酒です。

本当に最近低精米が多かったので、このクラスのまた違った美味しさにひさしぶりな感動を覚えました。ふと思い出した最近疎遠な銘柄たち…雁木、黒牛、秀鳳、九平次・・・などなど。ひさしぶりにこのあたりをもう一回攻めてみるのも面白いなぁ^^

あ、おかずの事を忘れてました。またまぐろのお刺身です。今回はとろに近い部分で冷凍なので前回の赤身よりは若干味が落ちます。でも美味しかったです。(たぶん下総醬油のおかげ^^)あと里芋の煮物。これは旨かった!なぜ?というとそれは料理が出来ない私にはわかりません^^きっと素材の良さと味付けなのでしょう^^

久しぶりに知らぬ間に1合を余裕で越えていました。酔ってしまった。・・・まぁいいや^^うまかったし。また吟醸クラス買います。低精米も楽しませてくれるし、出品酒クラスも呑んで楽しい。日本酒って本当に素晴らしいですね^^それではさいなら、さいなら、さいなら。

  • LINEで送る