家呑みのススメ

2009年 08月 01日 復帰。かな?

  • LINEで送る

エントリーするのは数えてみると約3週間ぶりでしょうか?まぁ、書くほどの事じゃないんですが記録がてら。

7月の半ば頃だったでしょうか、最初はいつものごとく子供の風邪が移った程度で鼻と喉に来て、そうなるとお酒の香りも味も分からなくなるので、健康の為というよりもお酒がもったいないので呑まなくなりますよね^^

で、3、4日経った頃、どうもどんどん悪くなって行く。で、医者に行ったらなんだか結構悪いような事言われたんですが、自覚としてはそれほどでもない。う〜ん・・・なんて首かしげながらその日の昼頃からですかね?本格的に発病したのは。もうそれからは約10日間ぐらいでしょうか。咳がひどくて、昼はまだしも夜寝られない。熱は下がっても鼻づまりと咳は悪くなる一方。肺炎か結核かなんかかな?と思い、医者に行って「さすがにまいってます。もう助けてください。なんとかしてください。」と人生ではじめての台詞も飛び出しました。でも病名的には「風邪」だそうで。。。ただいろいろ併発してるとは言われました。

振り返れば日本酒を呑み始めて以来こんなに断酒したのは初めてですね。3週間弱ってところでしょうか。ようやくおとといちょっと日本酒を一口。ちょっと戦慄しました。味が全然分からない。まだ治ってない?おいおい、何日経ったと思ってる!咳もだいぶ治まって鼻も結構通ってきたのに!・・・そして昨日、おそるおそる試してみると・・・おお!結構わかる!よかった!そして今日、復活の晩酌を敢行しました。ひさしぶりなのでめずらしくビールも。ここはやっぱり一番好きなエビスの緑のやつ。「エビス・ザ・ホップ」って言うんですね。やっぱり市販レベルのビールで旨いと思うのはコレだけかも。

そして日本酒は風邪引く直前に呑んでいた播州一献の続き。旨かったです。ただ旬をすぎてる感はちょっとあった気もしたけど、私の味覚も全然本調子じゃないですしね。

さて、そんな寝込んでる間にビッグニュースがあった訳ですが、開運の波瀬正吉杜氏が亡くなりました。私は病床だったので仕方なく妻や知人に買い出しを頼み、いくつかは集まりました。最後の波瀬杜氏の「開運」たち。これらは私の体調が完全になってからずらりといきたいと思っております。

いまのところ集まったのは今年の「ひやづめ」と「無濾過純米」、そして「あさば一万石の生」と「大吟醸 波瀬正吉」の4種です。あと、波瀬正吉最後の金賞受賞酒、いきつけの酒店さんにじきに入ると聞いたのでそれも購入するつもりです。赤磐雄町が手に入らなかったのがちょっと残念ですが、まぁ仕方ないですね。

という訳でぼちぼち晩酌復活致します。他にも開けてない新酒等ありますし。

  • LINEで送る