家呑みのススメ

2009年 06月 21日 竿灯 ゆきの美人 純米大吟醸生

  • LINEで送る

竿灯 ゆきの美人 純米大吟醸生でございます。紛う事無きごちそうでございます。

さてまずはこの日のメニューから。右からいつものマメ豆腐(最近毎日コレ)、この日珍しく手に入った生しらすの刺身、富山名産かまぼこの昆布巻きの素揚げ、手前が焼き茄子でございます。あとはご飯とみそ汁。結構ヘルシーな感じですが割と腹持ちもよく体にも良さそうな感じに思います。というか、こういうおかずだと酒が旨い。うん。これが一番。

さて竿灯の大吟さまでございます。おおうもう香りからしていいですねぇ。最近はやっぱりちょっと前にはよくあったギンギンに香って来るのではなく、さりげない上品さがはやりだそうで、やっぱりこういう方がいいですね。一口含んであらびっくり、なんというなめらかさ自然さ。それでいて割と主張する味わいも結構早めに顔を出してきますね。こういうのは私的にはあんまり冷えすぎない方がいい感じに思います。まったりと旨く、香り自然で華やか。いやいや・・・コレ今まで呑んだ純米大吟醸の部門で3本の指には間違いなく入る。旨い。

・・・そしてなんだろう?このなんとなく懐かしい味わいは?ふと裏ラベルを見る。「秋田酒こまち」おお〜〜〜〜〜ぅ、こんなところでお久しぶり!やっぱり私の琴線に触れた一つはコレかなぁ〜?呑みやすいよね〜。・・・というわけでこれは我慢しなければ!ちびちびやらなければ!と思いつつもどうしても止まらず2合近くいってしまいました。うむむむむこりゃ一大事。

あ、ところでめずらしい生しらす、お刺身で頂きました感想は、夫婦揃って同じ感想で「フツーにおいしい」でした^^

  • LINEで送る