家呑みのススメ

2009年 03月 22日 鷹勇 生もと強力

  • LINEで送る

ちょっとタイムラグがありまして、昨日の晩酌になります。

先日また武蔵関の酒店さんに行きまして、私なりの中長期的日本酒業界発展の展望、それに関わる4GBの私也の方針のお話をさせて頂きました。(なんか仕事のメールを書いてるみたいだ・・・)店主さまには結構賛同頂きましてそれはとても良かったです。

で、そんなわたしの4GBのこだわりを聞いた上での店主さまの一押し。それが鷹勇 生もと強力、1SBしかないんですよ〜、とのこと。いえいえそれはそれとして全然構わないですよ^^ということでそこまで推されるのでしたらということで。実際「これめちゃめちゃ旨いんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜」てな感じでしたからね^^ということで仕事を調整して酔っててもできるものだけを残し思いきって晩酌に踏み切りました。

さてまずは軽く温めて、ぬる燗ってあたりですか。早速冷める前に一口。まずは素直に出た言葉が「あちゃ〜〜〜、まいったなぁ〜〜〜、こういうことですか〜〜〜こりゃ旨いわ〜〜〜」でしたね。開栓していきなり旨いですね。しかも。この後どうなるのか良く分からない不思議な感じもあります。生もと感はきっちりありますね。。。綺麗です。はじめて呑んだ日置桜に匹敵するぐらい。鷹勇ということでどうしてもなかだれのイメージがあったんですがまるっきり別物ですね。私の中の物差しとしてはうまいお酒、綺麗なお酒は数あれど、やっぱり睡龍の代わりになるものってのはなかなか無くて^^これは充実感みたいなものなんですが。これは・・・やられましたね。旨いですね、掛け値無しに。ただ、日を置くとどうなるのか、よくわからないのでちょっと心配(笑)一番旨い状態はたぶん振り返ってようやく分かる、そんなお酒なんでしょう。

ちなみに鰹のたたきうまかった〜、そしてお酒に良く合った〜。

  • LINEで送る