家呑みのススメ

2009年 03月 14日 遊穂 純米無ろ過生原酒

  • LINEで送る

昨日の経緯をそのまま書きますと・・・メニューは唐揚げだそうでんじゃぁビールかなぁと思いきや無い。まぁいいや〜いきなり日本酒で。龍勢まだあるしそこから睡龍へ行こうかなぁ〜、なんて。

ってことは新しいお酒を開けないので写真は撮らなくていいなぁ。と思いきや妻が写真撮れと。いやお酒開けないから。いいじゃん開けなくても、料理紹介で。いや酒ブログだから。せっかくきれいに撮ってもらう為にカラッと揚げたのに!(いや撮るにしても料理にフォーカスはしないんだけど)

ということでせっかくだからローテとは違うんだけど、持ってる中では一番唐揚げに合いそうな一番最近買った遊穂を開ける事にしました。

遊穂は旨いです。間違いないです。これは麹米と掛米が違うタイプですね。(違うとどうなるのかがわからないですが^^)五百万石と能登ひかり、どちらも地元産です。男はだまって60%!

いままでの遊穂と比べるとちょっと(いや結構?)甘みが増したように思います。そうすると酸味も目立って感じるようですね。新酒の開けたてで若干のプチプチ感がありました。・・・ここまで書いて今は無き「たてのい」の純米生とちょっと似てるなぁと思いました。そういえば一部同じ製法を採用してると聞いた事もありますしね。)

旨い旨いといって呑んでるとすっかり満足してしまい結局呑んだお酒はこの遊穂だけ。私にしては一種類で終わるのはめずらしいです。まぁそれだけ旨いってことですね^^前にも書きましたが今や遊穂は特別なお酒になりつつあります。

  • LINEで送る