家呑みのススメ

2008年 10月 02日 たてのい純米大吟醸H19BY

  • LINEで送る

さて昨日は日本酒の日ということでたいそうめでたい日だったわけですが、私はと言えば子供が昼間から40度超えの熱を出して、仕事と看病にただ追われた一日となりました。

しかし子供はすごいものです。たった一日でいつものごとくうんざりするほどの元気っぷり。さて今日はいいやつ開けちゃおう〜。

本日は戻り鰹!を使ったお手製ちらし寿司。鰹は高級なやつ!だって隣の牛肉より高かった!いやぁ〜食してみるとうまいうまい。脂の乗りもばっちりだし新鮮だし。あとは厚揚げと里芋の煮物。

さて本日開けたのはたてのい純米大吟醸H19BY。冷蔵庫の一番温度が低い棚(ウチの冷蔵庫は直冷式なので上から順に温度が違います)でキンキンに冷やして待機しておりました。

注いでいきなりおそいかかる香りのシャワー。いきなり大吟醸の洗礼ですね。よく大吟の香りはリンゴだのマスカットだのとかって言われます。(私はよくわかんないんですが)でもこれはたぶん…たぶんですが極上の方ではないんですかね?青リンゴ系なんじゃないんですか?たてのいに関してはえこひいきはたしかにあると思います。それにしてもこれはすごいと思います。たてのいは漢字とひらがなの両方で大吟クラスを結構な種類呑んでいます。おぼろげな記憶ではあるものの、その中でもトップクラスのように思えました。口に含むと甘みととろみがなんともいえない。それでいてキリッと引き締まってもいます。

本日は約1.5合いただきました。いやぁ純大吟はたまーに呑むとハートに効きますね。最近3合超えが多かったので今日はこの辺でお開きです。

  • LINEで送る