家呑みのススメ

2008年 09月 21日 やまとしずく 純米吟醸

  • LINEで送る

昨夜はちょっとペースがずれて晩ご飯はこれだけにしました。北海道から送ってきた宗八がれいといんげんのごまあえです。宗八うまい〜。さてこれをほじりながらの初めてのお酒、やまとしずくです。リンクにあるたかりょうさんのところで買ったお酒です。

まずはいつものように香りをかいでそのまま一口やりました。ふんわりゆるやか。へぇ〜、今まで呑んだ秋田のお酒たちとは一線を画しますね。これはゆるりと晩酌するのに良い。生もとに近いぐらいの落ち着き。嫌みや癖も全然ないし。なんてこと思いながら同時に・・・常温かなぁ〜?なんて感じたのでしばし待つ。うん、やっぱり常温がいいかも。あんまり他のお酒を引き合いに出したくは無いんですがなんせ表現ができないので言うと・・・鷹勇の純吟なかだれに近い感じです。アレも常温から人肌燗ぐらいで楽しみました。

一応かるく燗につけてみる。40度ぐらい。うん、これもこれで美味しいけどやっぱりもうすこしぬるい方が良いなぁ。で、しばし待って人肌ぐらいになるといい割と感じ。でも・・・結局常温もしくはちょい下あたりがいいなぁ!鷹勇よりちょっと低い温度ぐらいが好み!

それにしてもこれはまた量をいっちゃうタイプです。とても綺麗な風味だし。ゆるやかにちびちびいきたいのに、ゆるやかにぐびぐびいってしまいます。開栓初日でもう2合。私としてはかなりめずらしいハイペース。大切に呑もう〜。

ということでこの後、睡龍の純吟速醸火入れをさらに追加でゆるやかモードを楽しみましたとさ。ちょっといつもより多かったかな。でも全然呑み疲れないこの2種でした。

  • LINEで送る