家呑みのススメ

2008年 06月 24日 雅山流 葉月 無濾過生

  • LINEで送る

今夜はことのほかご飯がうまく炊けました。何が違ったのかな?と考えて、たぶん研ぎですね。なんか込み入った話を聞きながらだったのでなんか延々と研いでました。たぶんそれがよかったんですね。どうも最近初心を忘れておざなりになっていたんですね。そういえば杜氏さんも言ってました。「飯米はとにかく研ぐ!」って。ほんとにその通りですね。

今日のメニューはせっかくうまく炊けたのに汁かけご飯。。。焼いたささみと梅肉と三つ葉がのってます。勿論三つ葉はわたしがベランダで丹誠込めて水をかけていただけのものです。でもご飯がうまいとどうやってもやっぱりうまいモンですね。あとかつおのお刺身を買ってきました。ところでこの中で一番高い素材が梅ですね。高いですね〜梅。でも梅とかはさすがに中国産は嫌なんで、しょうがないです。

そしてお酒は雅山流の「葉月」(←間違って覚えてました。ご指摘を受けて後日訂正。)。しばらく前になりますがこちらのお酒の蔵元兼杜氏の方(という肩書きでよかったと思いますが)とすれ違いざまみたいな感じでお話をしたことがありまして。なんかお互い人を待ってたような感じで結構長話をしたんです。まぁほとんど世間話でしたが。で、その時は恥ずかしながら呑んだことが無かったので(撮影したことは何度もあるんですが)今度呑んでおこう〜と思って買ってきたのです。

いやいやとても旨かったですよ。割り水してあるみたいですが私は割り水してあるお酒結構好きみたいです。水がいいんでしょうね。あと精米が60%なんですが呑んだ瞬間「うそ?」と思ってしまいました。なんか50%ぐらいの感じが。勿論どっちがいいとかって意味じゃ無しに。香りもずいぶんと華やかです。

そういえば、なにか器材を新調したそうで効率が格段に良くなった分、劣化が激減してさらに良くなった…みたいなこと言ってました。

という訳で本日は思いのほか贅沢な晩餐となりました。

  • LINEで送る