家呑みのススメ

2008・06・15(日) 買い出しに行きました。

  • LINEで送る

結構長く病気で臥せった後、仕事がかなり忙しくなって。まだまだいそがしいもののようやく一息ついた土曜日。少しずつ気になってきた冷蔵庫の状況。呑める4GBが1本しかない!(ストックはのぞく)ずっとそわそわしておりました。というわけでそそくさと自転車にまたがり行って参りました。

このブログは家呑みのススメなので家呑みをばしばしススメマス。私は軍用のリュックをかついで酒屋さんに走ります。勿論基本4GBです。一升瓶は二ヶ月に1本ぐらいかな?だいたい月1,2回の買い出しで1回に4〜5本平均。写真全部でも1万円いきません。ワインと比べるとめちゃ安!結構なペースで呑んでもひと月ぐらいは余裕でもちます。ちょっと外呑みを減らして浮いたお金でこういうふうにお酒を買う。で、日々楽しみつつ、時には友達を呼んでこんなお酒を振る舞えば、同じお金で幸せが格段に増えますよ。

で、写真が昨日買ってきたお酒たち。そろそろ暑くなってきましたので冷酒のラインナップです。この時期はあんまり日本酒を飲まない人にも好評なお酒たちが結構あるのです。特にほとんど呑んだことの無い人には一番手前のとび六なんかが鉄板で、嫌う人はまずいません。微発泡でさっぱり、甘みも嫌み無く度数も低いのでついつい飲み過ぎるお酒です。で、その後にどっしり系の遊穂とかを出して、「あぁ、同じ日本酒でも全然ちがうのねぇ〜」なんてことになって、その後にそっとあったかいお酒を出したりするとハマる人はハマります。結構みんな子供のようにはしゃいで違いを楽しんでくれます。ずっととび六や発泡系ばっかりの人もいてそれもまた良しです。で、そんなことを頻繁にやってると周りから「自宅バーのオーナー」という称号を与えられる訳です。しかもこんなことまでしてもお金は外で呑むより全然安いんです!これが一番のおすすめポイントですね!

とりあえずウチの冷蔵庫もようやくスペースが埋まって一安心。酒店のご主人に「冷蔵庫が空いててずっと不安だったんですよ〜」って言ったら「いやぁ〜すばらしい精神状態ですね〜」と言われました。

 

  • LINEで送る