復興支援事業としてのSAKE-MARK

SAKE-MARKの主な目的は、銘柄の周知と蔵元さまの復興支援にあります。

事業の収益をもって、国内各地の復興支援イベント等でのPRグッズの無償提供、そして支援対象蔵元さまへの商品の無償提供などを行っていく予定です。

支援対象蔵元さまとは、震災やその他さまざまな被害に遭われた蔵元さまになります。選定はNPO法人サケネスの理事会が行い、支援方法や時期については、対象蔵元さまとの話し合いで決定いたします。

また、ライセンス契約を結んでいただいている蔵元さまにたいしても、継続的にSAKE-MARKとともに銘柄の維持、発展、そして海外進出などさまざまな可能性を模索していけるような関係を、末長く維持していきたいと心から願っております。

この一連の活動を維持・拡大していくために、単発の寄付で終わらせないためにも、ひとつの事業として自立できる形に移行していき、永続的に国酒の盛り上がりに貢献していきたいと考えています。

2017年 7月 1日

特定非営利活動法人国酒支援事業団体サケネス

理事長   中村 克己

 

2017-08-03 | Posted in ACTIVITIES, SAKE-MARKNo Comments » 

関連記事